BlackINK ヘたれチャリダーチベットヘ行く



Route from Dali to Lhasa (1)

f0060811_517961.jpg

では、軽く雲南省からのルートを。 まず昆明。 大理 麗江 香格里拉 徳銀
ここまでが合法で入れるところ。 チベット自治区は個人での自由旅行がいまだ認められてない。 何を隠したいのかはしらないが、、、 なので以下は違法旅行。

BTW,I show How to come .
It is not possible to travel freely in Tibet yet.
I dont know Chinese government wanna hide what,,,now

farst, south of chine "Kunming""dali""lijiang""xianggelila"
those is not Tibet. but after "xianggelila" tibetan live there.
then "deyin" is Tibet. it means Illegal travel!!



---------------------------------------------------------------------
↑up 11k =上路11公里
↓down 11k =下路11公里
:A =asfast road =铺路(アスファスト)
:D =dart=没铺路(ダート)
H=hostel,G/H =旅館、招待所
R=restaurant=餐棺
S=small shop=商店
N=net caff =网吧
CP=check-point(police)=公安(警察)
---------------------------------------------------------------------




1st day(26th/may)******************************************
          "deyin"(徳銀)      /H+R+N    Altitude海拔3300m
→ [↑up11k:A]  "feilaisi"(飛来寺)    /H+R           3400m
→ [↓down18k;A] TO yongminn(永明分支)              2600m
→ [↓down11k;D]"liutongjiang"(溜筒江)  /R+S           2200m
→ [30k;D]    "feishang"(沸山)     /H+R   +++CP    2200m
→ [30k;D]     "xilu"(西魯)       /H+S          2200m

<total 100km/ Running time 7 h / average14kh>
********************************************************

徳格を出た後は飛来寺まで軽く上り。天気がよければ梅里雪山が見えます。
観光地の為ホテルカフェあり。
ここから下り、梅里雪山の氷河が見える村、永明村方面は舗装。ラサ方面は未舗装。
砂埃のひどいダートの始まり。
下りきると川沿いに渓谷を行く。途中崖崩れあり。
途中の町、溜筒江に食事あり。
沸山に宿食事CP公安あり、が機能してない。ゲートは閉まってるが脇を車も抜けていく。
雲南最後の村、西魯。商店のおじいちゃんに聞くと婿のやってる目の前の宿(看板なし)
を紹介してくれる。民泊の様(太陽熱お湯ありがシャワーなし、トイレは裏の学校)
(1泊食事つきで15元にしてくれた)

飛来寺 Feilai-si(temple)
f0060811_2575396.jpg

泊まったチベタン宿 I stayed Tibetan's house
f0060811_16562566.jpg

渓谷 Valley
f0060811_5345151.jpg









2nd day(27th)*********************************************
        "xilu"(西魯)           /H+S         2100m
→ [↑up18k:D]"yanjing"(塩井)        /H+R   +++CP   2600m
→ [↓down;D]                           2500m
→ [↑up40k:D]????Village           /S          3800m

<58k/8h/7kh>
********************************************************

特にチベット自治区への看板なく、川沿いをいつの間にかチベット自治区へ
チベット自治区にはいったと思われる場所から大掛かりな工事中。
おかげで瓦礫のダート。
渓谷から開けたところに塩井の町がある。ガススタの先にCP公安。
しかし昼間もゲート開放、人いない。塩井の町の中心はCP先の幹線から東側に外れたところ。CP近くにも宿レストランあり。
その数キロ先からダート上り。途中にでかいつり橋だけ完成してる場所あり。
道路工事の人々のテント多数。テント商店も多数。
標高3800mの村(ゴンパ、商店あり)で時間切れで民家にテント張らせてもらう。

がたがた道 Bad road
f0060811_5391164.jpg

チベタンの家の庭にテント張らせてもらう pitched my tent at tibetan's house's Backyard
f0060811_16584720.jpg

その家の子供と子犬 that house's Child and puppy
f0060811_16594234.jpg







 
3rd day(28th )**********************************************
         ????Village        /S          3800m
→ [↑up12k:D]  pass                      4200m
→ [↓down17k:D] Village                     3500m 
→ [51k:D]    "mangkang("芒康)    /H+R+N  +++CP  3800m 

<80k/8h/10kh>
*********************************************************

峠を越えてから3500mまで下ったところの村に商店あり。
その先は開けて緑豊かな高原が川沿いに平ら広がってる。
途中のゴンパのある村も商店あり。
しまったダートで走りやすいが、橋がなく川(浅い)越えあり。
マルカムは公安が仕事熱心で有名な町。
南側にはチベタンの町が広がってる。英語で書かれたチベタン宿の看板も。
南側にはCPなし。
マルカムゴンパ(幹線道沿いに横長いゴンパ)周辺が街の中心。
ゴンパの南あたりにの建物2階にネット(1h/3元日本語可)
意外と都会な為、シャワー屋(5元)やレストラン、商店の品豊富。

中心の宿はしっかりと身分証明書の提示をうながしてくる。
後で見せると言って誤魔化し通して早朝6時日も昇らない内にホテルを出た。
中心の宿は大体シングル30元~20元(トイレ外、シャワーなし)

川越えwent over the water
f0060811_1755733.jpg

高原がひろがってるplateau spreads out
f0060811_1765963.jpg

本日の夕食today's dinner
f0060811_5205833.jpg






 
4th days(29th)*********************************************
         "mangkang(芒康) /H+R+N  +++CP      3800m 
→ [↑up14k:D]  pass lawu-shankou(拉乌山口)          4350m
→ [↓down;38k;D]"zhuka"(竹卡)   /H+R    +++CP      2700m

<52k/5h/10kh>
*********************************************************

街内だけアスファルト舗装
マルカムの北、川蔵道路とのT字交差点のラサ方面に検問あり。交差点すぐ。
早朝6時には検問にはライトが照らされてたが、ゲート開放、人いない。
この先にも重量チェックの検問あり。ここも早朝すぎて人いない。
このあたりまで舗装されてるが、あとはしまった上りダート。
峠後はメコン川まで下り、川に出てから少し川沿いを平坦。川を超える橋に竹卡の町
トラックステーション。
橋を渡る前に2件の宿兼食事あり。(ドミ20元、トイレ外、シャワーなし)
身分証提示なし。

橋を渡ったラサ側に検問と公安と商店あり。
朝8時だったがゲート開放、人おらず。

冷却中cool down
f0060811_5372144.jpg


刺青?チベタン女性Tattoo?tibetan women
f0060811_621952.jpg

チベタン夫妻tibetan Mr. and Mrs.
f0060811_5155027.jpg







5th day (30th)*********************************************
         "zhuka"(竹卡)      /H+R   +++CP    2700m
→ [↑up28k:D]  pass                       3850m
→ [↓down;14k;D] "dengbacan"(登巴村)  /H+R          3500m
→ [↑up12k:D]??? Village                      4000m

<54k/8h/7kh>
**********************************************************

朝に橋を渡り検問突破、誰もいないし。
橋をわたってすぐに登り。しまったダート
途中にレストランあり。
峠後は登巴村まで下る。町の手前にチベタン商店。
ラサ側にトラックステーションあり、宿(10元)とレストランあり。
ここから渓谷を川沿いに登っていく。砂の多いダートになって走りにくい。

渓谷が開けたところの草原豊かな村の家の隣にテント張らせてもらう。

チベットの峠tibet's pass
f0060811_5432984.jpg

f0060811_5535410.jpg

チベタンの家の横にテント張らせてもらうpitched my tent next tibetan's house
f0060811_545764.jpg
f0060811_5454037.jpg








6th day(31th)**********************************************
          ??? Village4000m
→ [↑up30k:D]  pass dongda-shankou(东达山口)        5010m
→ [↓down;24k;D]dart ->asfast-road               4000m
→ [↓down;12k;A] "zuogong"(左貢)    /H+R+N  +++CP   3800m

<66k/7.5h/9kh>
********************************************************

川沿いを山頂付近まで登る。砂が多くて走りずらいく
標高が高いせいかなかなか登らない。
川蔵公路最高地点5010mへ。
下りはしまった川沿いのダート。
標高が4000Mまで下がったあたりからアスファルトになる。ようこそ左貢へのゲートあり。
この辺から道沿いに植林がされている。
左貢までも川沿いに平らな道、緩やかに下ってる。
町の入り口に検問ゲートあるも、開放。人はいるが何もいってこず、無視突破。
検問から2kmほど川沿いが街の中心。
幹線道路は川沿い一本裏を走ってるので用がなければ、こっちを通った方が
公安の前を通らずにすむ。

結構大きい街。ネット(1h/3元日本語可)、シャワー(10元)、宿(ドミ15元、トイレ外、シャワーなし)、スーパー。
街の中心の宿は身分証明書の提示うながしてくる。
無くしたと誤魔化したら、荷物もなにもない旅行者が相部屋で入ってきた。
監視されてた?12時まで起きてテレビ見て、こっちが早朝5時に起きて準備しようと
したときも、起きてきた。


峠の標高5020mpass of 5020m abave sea level
f0060811_5355713.jpg

f0060811_5503245.jpg

f0060811_254331.jpg







7th day(1st/June)********************************************
       "zuogong"(左貢)    /H+R+N    +++CP   3800m
→ [46k;A]  "yazhongcun"(亚中村) /R +++CP
→ [24k:A]  "tianshoucun"(田受村)                4000m
→ [43k:A]  "bangda"(邦達)     /H+R      +++CP    4100m

<113.5/8h/13.5kh>
*********************************************************

街を出ると渓谷沿いに一部ダートも快適なアスファルトの道を緩やかに登ってく(ほぼ平ら)。
亚中村にレストラン、商店、公安ゲートあるも、昼間なのに人おらず。
ゲートは閉まってるがトラック用と思われる高さ。普通車はゲートに当たらずに通過。
田受村で分岐がある。大きい川沿いにラサ方面は2車線の完全舗装。
風景といい、信州あたりの川沿いを走ってる気分。

邦達は昌都方面からの道との合流のT字交差点にある小さな町。
雲南方面から来ると、左折でラサ(山方面)。直進で昌都方面(川沿い)。

宿(シングル20元、トイレ外、シャワーなし)身分証提示なし、レストランあり。ラサ方面だけに公安ゲートあり。
到着時の17時にはすべての車両をチェックしてる感じだった、でもそれも夕方8時ころまで。
その後はゲート開放。それを待ってたかのように出発してくトラック多数。

快適ロードComfortable loading
f0060811_534794.jpg


チベットの子供tibetan childoren
f0060811_553566.jpg

高山植物Alpine plant
f0060811_55647.jpg

食事中It is eating.
f0060811_555125.jpg

[PR]
by hirosawa1976 | 2007-06-15 05:24 | 2007Tibet(自転車)
<< Road to Lhasa,T... Route from Dali... >>


ヘタレチャリダーなので無理はせず公共機関を使ってへたって進もっと
カテゴリ
全体
2008JAPAN(準備)
2007Tibet(自転車実走距離表)
2007Tibet(自転車)
2007China
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧