BlackINK ヘたれチャリダーチベットヘ行く



Route from Dali to Lhasa(2)

f0060811_5243659.jpg



8th day(2nd)/June******************************************
         "bangda"(邦达)   /H+R    +++CP     4100m
→ [↑up14k;A]  pass yela-shankou(业拉山口)           4600m
→ [↓down3k;A] asfast-road ->dart (neardy 3712kp)
→ [↓down36k;D] river                       2800m
→ [7k;D]     bridge              +++CP
→ [14k;D]    "wadacun"(瓦达村)                3000m
→ [↑up24k:A]  "basu"(八宿) 3km short of town /H+R      3300m

<98.5k/9h/10kh>
********************************************************

早朝6時にはゲートは誰もおらず開放。
すぐに登りも快適2車線アスファルト。
峠後は3km先3712キロポストあたりから、ひどいダートになる。
さすが72ヘアピンカーブ。工事中もあって、砂あり、砂利あり、ぼこぼこ道。
下りなのにスピードでない。
川沿いに出たあたりに商店あり。
ここから2800mの川、怒江まで下りダート。少しはまともになる。
川沿いを7km先に橋兼検問所あり。
橋と岩をくりぬいた前後に兵士が立ってるが何も言ってもない。無視突破。
ゲートもなし。

その先は怒江の支流沿い。落石注意の崖すれすれの道。場所によっては岩をくりぬいて道。
目の前に石が落っこちてきた。一番生きた心地のしなかった区間。

この渓谷を抜けると開けた所の瓦达村からアスファルト復活。
川沿いに緩やかに上り。
八宿手前の修理工場兼宿レストランに宿泊(ドミ10元、トイレ外、シャワーなし)
身分証明書提示なし


悪路下りbad raoud down
f0060811_644296.jpg

f0060811_6563.jpg

本日の夕食today's dinner
f0060811_5265956.jpg









9th day(3rd/June)*******************************************
        "basu"(八宿) 3km short of town /H+R       3300m
→[3k;A]    "basu"(八宿)       /H+R+N         3300m
→[9k;A]    2 traffic lane                    3450m
→[↑up32k:A] "jidaxiang"(吉达乡)
→[↑up14k:A] (neardy 3840kp)sign of 40km left to "ranwu"(然乌)
→[↑up18k:A]  pass snjiula-shankou(安久拉山口)         4400m
→[↓down24k;A]"ranwu"(然乌)      /H+R+N         3800m

<100.5k/9H/11.5kh>
*********************************************************



修理工場宿から3kmほどでガススタ、マンション郡がみえてくる。
橋をこえると町の中心。宿、レストラン、スーパー、ネット。
町のラサ側はずれにチベタン宿あり。

途中からまた2車線の快適アスファルトになる。川沿いの高原を緩やかに登っていく。
途中商店等少なし。
3840kp付近に然乌まで残り40kの看板あり。
峠は緩やかなのぼりの高台の上。
反対も途中までほぼ平ら。
が、急に渓谷になって、川は激流になり、チベットで初めての落石用ネットの道になる。
よく日本にある。半トンネルの落石防止トンネルになる。このあたりの川は見ごたえあり。
きれいな水色の激流が狭い渓谷を抜けていく。

渓谷を抜けると、目の前にでかい雪山と湖が姿をあらわす。その先が然乌。
町の正面にもでかい山、湖。景色最高。

ラサ方面に公安ゲートあるも、開放。
宿(ドミ15元、トイレ内、シャワーなし)、レストラン、ネット(公安の隣1h/5元)
身分証明書提示なし

Tunnel for falling rock落石用トンネル
f0060811_683169.jpg

Pilgrimer巡礼者
f0060811_4223164.jpg

彼らの荷物them stuff
f0060811_5451474.jpg

チべタンの子供tibetan children
f0060811_5481991.jpg










10th day(4th/June)*******************************************
         "ranwu"(然乌)    /H+R+N          3800m
→[↓down19k;A] asfast-road -> dart                3800m
→[↓down12k;D] short tunnel/ sign of 98km left to "bomi"(波密)
→[↓down24k;D] dart -> asfast-road                3300m
→[↓down11k;A] (neardy 3940kp )   /S       +++CP  3200m
→[↓down25k;A] "songzong" (松宗)(neardy 3946kp) /H +++CP
→[;A]Electric power place(電力所)    /S             2900m
→[↓down46k;A] "bomi"(波密)      /H+R+N          2700m

<137.5k/9h/15.5kh>
**********************************************************


然乌湖沿いに行く。湖畔に山が映って美しい。
途中の瓦村ものどかな湖畔の村でいい感じ。
湖の水が川となり、渓谷に入っていく。ここからしまったゆっくり下りのダートになる。落石注意。
落石防止トンネルがいくつかある。
ダートがアスファルトになるところで村があり、商店がある。
その先の真新しい街に検問。人いない。
そのさらに先にも木材検問あり、トラックはチェック受けるが、乗用車は素通り。自転車も無視突破。

3000m前後で軽く上ったり下ったり、森林あり、草原あり、渓谷ありと、めまぐるしく変わっていく。
このあたりの山も美しい。

波密は結構大きい街。宿(ツイン一人20元、トイレ内、シャワーなし)身分証明書提示なし、シャワー屋(5元)、レストラン、ネット屋(1時間/3元日本語可)、スーパー

ここからの山の景色もすばらしい。

ranwu-leke然乌湖
f0060811_612860.jpg

f0060811_6131060.jpg

f0060811_693922.jpg

f0060811_6151282.jpg









11th day(5th/June)*******************************************
         "bomi"(波密)    /H+R+N           2700m
→[↓down15k;A]bridge
→[↓down19k;A]"gexiang"(古乡)   /H+S            2700m
→[↓down30k;A] "suotongcun"(索通村)/S             2500m
→[↓down21k;A] asfast-road -> dart(neardy 4086kp )
→[↓down3k;D] dart -> asfast-road                2300m
→[↓down8k;A] "tongsu "(通素)    /H+R     +++CP    2200m
→[↓down2k;A] asfast-road -> dart
→[↑up10k:D]  bridge                +++CP   2200m
→[↓down6k;D] " pailong"(排龙)    /H+R             2100m
→[↑up9k:D]   dart -> asfast-road                2300m
→[↑up5k:A]   106道班        /H
→[↑up13k:A]  107道班("dongjiu"東久) /S             2600m
→[↑up31k:A]  "lulang"(魯朗)     /H+R             3400m

<171k/13h/?kh>
**********************************************************

波密を出てすぐの古乡もいい感じの小さな村。商店できいたら宿ありとのこと。
川沿いをゆっくり下っていく。
通素の手前に一部ダート。旅行人には悪路とかいてあるが、しまったダート。
通素は手前にトラックステーション的な宿レストラン数件。
その1kmほど先に街がある。宿、レストラン、公安ゲート。人はおらずゲート開放。

街をでるとダートになり、それなりに大きいつり橋が架かってる。
車1台しか通れないらしく、つり橋の前後に軍が交通整理してる。
通行車両を記録してるような感じ。自転車は無視突破。

橋をこえると、かつてない、まるで山道みたいなダート道路になる。
道幅は車1台やっと、川沿いのがけに急な角度の坂道で上ったり下ったり。

川の支流が出てくるところに短い橋が2つ。チョルテン(峠)みたいに旗がたくさんかかってる。
この先に最低地点、排龙がある。小さな村、トラックステーションみたいな感じ。
宿は一軒(10元、トイレシャワーなし)、レストラン、商店がある。

ここの宿に泊まろうとしたら、公安の車が、、、宿で飯食ってました。
こんな田舎では絶対暇つぶしに話しかけてくるだろうと思って逃げました。

しまったダートを川沿いに進むと途中からアスファルト復活。2車線。
数キロ先の106道班にも宿あるも、公安の姿が、、、逃げる。
107道班(東久)には商店しかない。

川沿いを登り。日が暮れて何もみえなくなる。こういうときに限って、曇りで月明かりもない。
月が出てれば、影ができるくらい明るいのに、、、

街の灯が見えたときは文明に感謝!
魯朗は手前に公安あるもゲートなし。
ラサ側にチベタン宿あり(看板なし)。隣の茶屋で聞いた。
宿(15元、トイレシャワーなし、街に公衆トイレあり)レストラン。

普通は2日かけて走るところを無理やり1日で走りきった。


波密周辺Surrounding of Bomi 
f0060811_4253620.jpg

ダートとアスファストAsphalt and dart
f0060811_427162.jpg










12th day(6th/June)*******************************************
        "lulang"(魯朗)     /H+R             3400m
→[↑up26k:A] pass sejila-shankou(色季拉山口)(neardy 4182kp)  4500m
→[↓down39k;A] "linzhi"(林芝)     /H+R     +++CP     3100m
→[;A]                         +++CP
→[20k;A]    "bayi"(八一)       /H+R+N          3000m

<80k/6.5h/12.5kh>
*********************************************************

出発してすぐに中国人チャリダー二人組みに会い、結局3人でラサまで行った。
峠まで登り。
その後は急な下り坂。72ヘアピン並み。しかしアスファルトな為スピードはでる。
眼下に見える街は林芝。
街の入り口に検問あり。人はいるが何も言ってこない。無視突破。
小さな町。宿、レストランあり。
街の後はニャンチュ川沿いに八一へ。
街と街の間に軍の検問あり。ここも自転車には何も言ってこない。無視突破。

八一の街の入り口には検問なし。
かなり大きい街。さすが軍事都市。
手前には最近できた新市街。建物と道路は立派だが、人がいない為ゴーストタウンのよう。
宿はなく商店等のみ。
ラサ側に宿(3人で100元、シャワートイレランドリーあり)、レストラン、ネット(1h/3元日本語可)、スーパー、湯船サウナのあるシャワー屋(20元)。
久しぶりに信号機を見た。
中国人が宿に 彼、日本人だけどよろしくね ってことで普通に泊まれた。


チベットに入って初めての休養日。2泊して1日は休憩。
街をサイクリング、ビリヤード、ネット等してゆっくり。

中国人が多いせいで逆に目立たない。

川沿いに安そうな旅社数件あった。


普通のチャリダー2人とこれが本当の人民チャリチャリダー
two usual cyclists and that is true chinese-Bicycle charidar(cyclist).
f0060811_4353375.jpg


気持ちいい森林を行くgoing in a pleasant forest.
f0060811_4364447.jpg


軍事都市八一Military city of Bayi
f0060811_4394291.jpg


初の休養日first rest day
f0060811_441357.jpg

チベ猫?tibet cat?
f0060811_543474.jpg








14th day(8th/June)*******************************************
        "bayi"(八一)      /H+R+N           3000m
→[18k;A]   "nixi"(尼西)       /R         +++CP
→[18k;A] "gengzhangxiang"(更章乡) /H+R 
→[↑up28k:A] "baiba"(百巴)      /H+R
→[1k;A] (neardy 4293kp)                 +++CP
→[↑up22k:A]"bahe"(巴河)       /H+R+N           3300m

<86.5K/5H/16.5KH>
********************************************************


八一をでて川沿いに平ら。尼西の軍街に軍の検問。が無視突破で問題ない。
百巴の1km先にも検問あるが、ここも問題なし。無視突破。
巴河は小さな町。幹線道路から0.5kほど入ったパソン=ツォ方面(40k先)への分岐点。

宿(ドミ10元、トイレシャワーなし、トイレは街にもない)、レストラン、ネット(1H/3元 日本語可)、シャワー(5元)

一般的な検問所General checkpoint
f0060811_4434196.jpg

すれ違うとビビル公安カーpolice"s patrol car
f0060811_5304327.jpg


このあたり多い中国人支援の村around here. Chinese support those houses.
f0060811_4452314.jpg


いつもの朝食breakfast
f0060811_5283364.jpg











15th day(9th/June)*******************************************
      "bahe"(巴河)      H+R+N           3300m
→[50k;A] "gonbu-jiangda"(工布江達)(neardy 4306kp)H+R+N  3450m

<50k/?/?>
*********************************************************

川沿いをゆっくり進む。
昼過ぎには工布江達到着。
そこそこの大きさの街。
宿(3人で50元、トイレ内、シャワーなし)、レストラン、シャワー屋(5元)、ネット(1H/3元 日本語可)
スーパー。

この街で中国チャリダー大集結。
湖北の2組夫妻。3人組高速チャリダー、平均年齢55歳5人組アーミーチャリダー(アーミーの格好してるから)、
個人旅行が集まった4人組。で我々3人。


女性チャリダーは日焼け対策完璧Female cyclist,She is making perfect sunburn measures .
f0060811_4473615.jpg


平均年齢55歳アーミー格好グループArmy shape average age 55 years old group
f0060811_450676.jpg


チャリダー集団になってしまったIt had become a bicycle group
f0060811_453840.jpg

f0060811_4535494.jpg












16th day(10th/June)*******************************************
        "gonbu-jiangda"(工布江達)   /H+R+N      3450m
→[29k;A]    "taizhaocun"(太照村)      /S         3550m
→[↑up16k:A]  "jinda"(金达)          /H+R        3650m
→[↑up57k:A]" suduo"(松多)          /H+R  +++CP   4250m

<102.5k/7.5h/14kh>
***********************************************************


工布江達から太照村までは川沿いを緩やかに登り。
全体適に川沿いを緩やかに登り。

松多手前3kmに木材検問あり。問題なし。
街2km手前には温泉(5元)あり。
地下から湧き出て垂れ流し、外ではチベタンがそのお湯で洗濯してる。
グループごとの貸切システム。先客がいると外で待つことに。

宿(ドミ10元、トイレシャワーなし、街に公衆トイレあり)、レストラン。


温泉Hot spring
f0060811_4561392.jpg


爆走Comfortable running
f0060811_4574446.jpg










17th day(11th/June)*******************************************
         "suduo"(松多)           /H+R      4250m
→[↑up30k:A]   pass mila-shankou(米拉山口)          4930m
→[↓down25k;A]"riduo"(日多温泉)(neardy 4508kp) /H+R     4300m
→[38k:A] "zaxigang"(扎西岗)             /H+R     3900m
→[22k:A]"mozhugongda"(墨竹工达) (neardy 4563kp) /H+R+N    3800m

<115k/7.5h/15kh>
**********************************************************


松多から川沿いに峠まで登り。
山頂で友人に聞いてた日本人とオージーの夫妻チャリダーに会えた。
実は二人はテレビにも本も出てる有名な方々だった。
もっとゆっくり話しがしたかったな。

日多温泉までは急な下りだが、その後は川沿いを墨竹工达までなだらかな下り。

墨竹工达もそこそこの大きさの街。
宿(ドミ10元、トイレあり、シャワーなし)、レストラン、シャワー屋(5元)、ネット(1H/3元 日本語可)、スーパー

ここでラサ手前にしてタイヤに穴があいてチューブがはみ出てきた。
荷物が後輪に集中してるせいもあり、溝もツルツルに。交換。


エミコ&スティーブチャリダーwww.yaesu-net.co.jp/emiko
f0060811_505155.jpg

タイヤ故障Tire was breakdown
f0060811_525693.jpg

ゆっくりとした下りslow descending

f0060811_514557.jpg









18th day(12th/June)*******************************************
       "mozhugongda"(墨竹工达) (neardy 4563kp) /H+R+N  3800m
→[72k:A] "lhasa"(拉萨)(neardy 4632kp)     /H+R+N      3650m
→[5k:A] "potala"(布達拉宮)

<77/4h/20kh>
**********************************************************

川沿いに平らにすすむ。

都会ラサMetropolis Lhasa
f0060811_558085.jpg


ラサ、ポタラ宮に到着!arrives at Potara.
f0060811_595692.jpg









えー結果、 4000M級の峠が7こ? その内、2つは5000M,,, 大体1500KMくらい? 17日間?
Result,,,there are more then Altitude 4000m of seven pass.
two of them is more then 5000m.

about 1500km for 17days?
[PR]
by hirosawa1976 | 2007-06-15 05:23 | 2007Tibet(自転車)
<< Route from Dali... LHASA!!!! >>


ヘタレチャリダーなので無理はせず公共機関を使ってへたって進もっと
カテゴリ
全体
2008JAPAN(準備)
2007Tibet(自転車実走距離表)
2007Tibet(自転車)
2007China
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧